美容整形手術後の傷をきれいにしたい

美容整形手術後の傷をきれいにしたい

手術をした後の傷、できることなら少しでも早く、きれいに治したいものですよね。手術の後の傷というのは、その手術の種類によってい違ってはきますが、一般的には6ヶ月〜1年が過ぎる頃にはきれいになり、それほど目立たなくなっていくようです。

 

ただ、そうなるまでの間は、傷が赤くなってしまったり、少し盛り上がってきたり、硬さを感じたりすることもあります。私たちの体は、部位によっては早く短い時間できれいに治ってしまう部位と、なかなかきれいに治ってくれない部位とがあります。

 

きれいに治りやすい部位は、切開二重や垂れ目形成等、目の周辺の皮膚の薄い部位を切開した時にできた傷、鼻翼縮小などの元々ある溝やシワに沿って切開した際にできた傷、唇を薄くするための手術等、粘膜を切開する際にできた傷などです。

 

すぐにはきれいに治らない部位というのは、前胸部、恥骨部、肩、肘周囲、膝周囲などがあります。生まれつきの体質により、早くきれいに治る人もいれば、総簡単にはきれいに治らない人もいます。傷を早く、そしてきれいに治すには、いろいろな方法があるようです。

 

創部をできるだけ安静に保つためにテーピングするのがよいでしょう。腕や脚などは常に動かしている部位になります。術後に過度に動かしてしまうと、創部に緊張がかかってしまい、そう簡単にはきれいに治りません。

 

傷は必要以上にいじることのないようにしましょう。術後というのは傷痕が気になって気になって仕方がありませんよね。必要以上にいじってしまったりすると、慢性的な物理的刺激により、傷痕がずっと赤いままだったり、盛り上がったままだったり、色素沈着を起こして黒ずんでしまったりしてしまいます。